f

2017年06月11日、テレビ朝日で30年近く放送している長寿番組『ビートたけしのTVタックル』で山口組分裂特集が放送され、元山口組系組長の竹垣悟と猫組長が出演して討論を繰り広げた。山口組が分裂して以降、ネットやメディアで知名度が高くなったタイプの違う2人の元山口組系組長が揃ってテレビ出演し、六代目山口組派と神戸山口組派に分かれてお互いに意見を主張し合うという珍しい光景が見られた。

竹垣悟は映画俳優を経てヤクザとなり、山口組二次団体最高幹部・三次団体組長を務めた後、2005年頃に引退している。任侠心を大事にする昔気質のヤクザだったようで、現在はNPO法人で暴力団員の更生支援活動などをしている。この活動やブログで話題を集め、大手新聞や通信社の取材、テレビ番組のインタビュー、サンジャポファミリー入り、報道ステーションでも竹垣のインタビュー映像が使われており、暴力団問題の意見者として十分な地位を確立した。

猫組長は不動産や金融業を経てヤクザとなり、同じく山口組二次団体最高幹部・三次団体組長を務めた後、2015年頃に引退したとみられている。理論派で金融経済に明るく、いわゆるインテリヤクザだったようだ。ツイッターで人気が出て以降、雑誌の連載、書籍の出版、トークショー出演、ネット番組出演など順調に活動の幅を広げており、ついに地上波スタジオ出演まで漕ぎ着けた。
















z

――― 三つ巴へと発展した山口組分裂騒動はいったいどうなってしまうのか


y

――― 元山口組系組長の竹垣悟氏は、いつ抗争になってもおかしくないと言うが


x

――― 元山口組系組長の猫組長氏は、そもそも抗争状態に無いと言う


w

たけし『いや~、いい顔してるな~、映画でてくんねえかな~。本物は違うね』


v

飛松五男『任侠団体山口組は偽装解散(離脱)の疑いがある』


u

竹垣悟『それはないでしょ! 偽装は。親分を記者会見であそこまで貶すということは、もう正味な話ですよ。あそこまで芝居することはない』

阿川佐和子『おっしゃる通りです』


t

猫組長『偽装は無いですね、偽装説は無いです。神戸山口組の分裂が表面化した時に、離脱情報を偽装するための偽装離脱説を流した。偽装離脱説自体が偽装なんですよ』

たけし『組長、私もそう思います』


s

竹垣悟『これはね、(神戸山口組の)井上組長が山健組の跡目に(任侠団体山口組の)織田代表を推さなんだことに尽きるんです』


r

猫組長『いやそれも違うんですよ、確かに神戸山口組では人事の不満がありますけども、(それだけで)離脱はしませんよ』


q

竹垣悟『いや私はやはり跡目争い、これに尽きると思いますわ』

猫組長『うーん』


p

大竹まこと『あの、念のために伺いますが、お二人とももう(ヤクザを)お辞めになっているんですよね?』

竹垣悟『もちろんですよ』

猫組長『(無言でうなずく)』


o

竹垣悟『私はね、暴力団の更生支援してるんですよ。せやから断固として山口組は認めるわけにはいかないんですよ』


n

杉村太蔵『失礼ですけどそれは、偽装ではないですね?』


m

竹垣悟『偽装ではないですよ!』

杉村太蔵『ないですね、大丈夫ですね?』

竹垣悟『大丈夫です』


l

たけし『ぶん殴ってやってください、若いもん出てきて張っ倒してやってくださいこいつは』

杉村太蔵『冗談です、目が怖い怖い』


k

猫組長『あのねー別に抗争してる訳じゃないんですよ、山口組は。抗争じゃないんです。局地的な衝突は起きてますけど、山口組はいま思想の対立があって派が分かれてるわけですけど、正面から抗争なんてしてないんですから』


j

竹垣悟『いや、私はそれは違うと思うな。普段では約80万円ぐらいの拳銃の価格が、約120万円に高騰しているんですよ』


i

麻木久仁子『でも抗争になった時に弾が飛び交うなんて言ったら、それを避けて巻き込まれない為にはどうすればいいの?』

猫組長『いや、もう(市民が抗争に巻き込まれるなんて)そんなことはないでしょう』

杉村太蔵『じゃあこの抗争で、われわれ一般人が巻き込まれるようなことはないんですか?』

猫組長『ないと思いますよ』


h

竹垣悟『いや私はあると思いますね』

猫組長『・・・』

猫組長『可能性は否定できないんだけども、今は使用者責任とかいろいろ厳しくなっていて、そういうこと(一般人の巻き添え)には神経質になっています』


g

竹垣悟『みんな使用者責任とかで組織全体がビビってるわけですよ、せやから抗争を起こしたいけれども・・・』


f

猫組長『いや(抗争を)起こしたくはないんですよ、先輩ね、起こしたくはないんですよ』


e

阿川佐和子『最近こんな事件があって、神戸山口組系組長らがスイカや米などを万引きして、捕まっちゃった。やっぱり厳しい状態にあるんですか?』


d

竹垣悟『今はもう資金源も枯れて、全体的に厳しいと思いますわ。んで私のとこに暴力団を脱退したいと相談があるのも、やはり仕事が出来ない、資金源が無い、どうにもならんわけです』


c

猫組長『末端の組員はみんな経済的に苦しいと思いますよ。とにかく社会に溶け込まないと、いま経済活動も出来ないわけですよ。最近珍しいなと思ったのは、音楽教室を組員が何件も経営してて、先生を雇っているのか奥さんがやってるのか分からないけど、経営が順調らしい。別にいいじゃないのって話で、サービスを受けて(利用者が)納得してるんだったら、別に(組員が経営してても)いいじゃないですか』


b

竹垣悟『私はね、これからはね、やはり暴力団が無くなって、明るく住みやすい日本の国にして欲しいですわね』


a

竹垣悟『昔はね、組長の安全を守っとったけど、今は子供の安全を守ってます』






ビートたけし 元暴力団組長に映画出演オファー「いい顔してる」「本物は違うね」
2017年6月11日 18時42分 トピックニュース

(livedoor NEWS) http://news.livedoor.com/article/detail/13188293/



 ⇒ 関連記事 
元山口組系組長でNPO法人『五仁會』代表『竹垣悟』の経歴
週刊誌FLASHが『猫組長』を直撃取材、正体は元六代目山口組『二代目佐藤組』本部長か





山口組分裂と国際金融: インサイダーが明かすヤクザとカネと世界経済の関係



スポンサーリンク