uyoku

2016年08月18日、右翼団体『潔心塾』幹部ら計7人が傷害致死の疑いで逮捕されたという情報があった。逮捕容疑は千葉県佐倉市の路上で『双愛会』系幹部から因縁を付けられたため、仲間を呼んで集団暴行を加えて死亡させたというもの。

2016年08月19日、新しい情報によると双愛会系幹部は知人から「潔心塾幹部から嫌がらせを受けている」と相談をされ、落とし前をつけるために潔心塾幹部の自宅に向かったところ、集団暴行を受けたとみられている。

2017年09月04日、逮捕され傷害致死の罪で起訴されていた潔心塾幹部の仲間の初公判が千葉地裁で開かれた。09月11日、潔心塾幹部の仲間の判決公判で、裁判長は懲役4年(求刑懲役8年)の実刑判決を言い渡した。

2017年10月18日、逮捕され傷害致死の罪で起訴されていた潔心塾幹部ら3人の初公判が千葉地裁で開かれ、潔心塾幹部は「私が中心になり暴行を加えて死亡させた事実に間違いありません」と述べて起訴内容を認めた。

2017年10月31日、潔心塾幹部ら3人の判決公判が千葉地裁で開かれ、裁判長は潔心塾幹部に懲役10年、他の2人に懲役8年と懲役4年の判決を言い渡した。


スポンサーリンク



複数人に殴られ? 四街道の男性死亡 佐倉署、傷害致死で捜査
2016年07月25日 10:34

(千葉日報) http://www.chibanippo.co.jp/news/national/339461

搬送後死亡の男性、殴られたような痕 千葉・佐倉
2016.7.25 07:01

(産経ニュース) http://www.sankei.com/region/news/160725/rgn1607250036-n1.html

暴行で暴力団組員死亡 傷害致死の疑いで右翼団体幹部の男ら逮捕
2016/08/18 19:53

(FNN) http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00333691.html

傷害致死容疑で男7人逮捕
2016年08月18日 17時42分

(NHK NEWS WEB) http://www3.nhk.or.jp/lnews/chiba/1084914821.html

自称運転手ら7人を逮捕 佐倉の傷害致死事件
2016年08月19日 10:34

(千葉日報) http://www.chibanippo.co.jp/news/national/345178

男性暴行死で7人逮捕 傷害致死容疑、4人は否認 千葉
2016.8.19 07:03

(産経ニュース) http://www.sankei.com/region/news/160819/rgn1608190019-n1.html

暴力団組員死亡 トラブルの仲裁に入り暴行受ける
2016/08/19 15:26

(FNN) http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00333760.html

運転手、起訴内容認める 佐倉の傷害致死 千葉地裁で初公判
2017年9月5日 05:00

(千葉日報) https://www.chibanippo.co.jp/news/national/435582

運転手に懲役4年 佐倉の傷害致死
2017年9月12日 05:00

(千葉日報) https://www.chibanippo.co.jp/news/national/437376

「中心となって暴行した」 初公判で主犯格の男 佐倉・傷害致死
2017年10月19日 05:00

(千葉日報) https://www.chibanippo.co.jp/news/national/446888


(追記)

大月被告に懲役10年 千葉地裁「粗暴かつ危険な犯行」 佐倉の傷害致死事件
2017年10月31日 05:00

(千葉日報) http://www.chibanippo.co.jp/news/national/450005



このニュースのまとめ

  • 2016年08月18日、住吉会『共和一家七代目』系右翼団体『潔心塾』幹部で運転手の大月裕如(46・千葉県佐倉市)、潔心塾の創設者で顧問の自営業の帯金勝彦(54・千葉県栄町)、解体工の岩村俊(32・千葉県印西市)、会社員の大下慎也(42・千葉県四街道市)、運転手の森谷誠(38・千葉県栄町)、運送業の堀口勝広(42・千葉県佐倉市)、自営業の山口亘(45)の計7人が傷害致死の疑いで逮捕された。
  • 逮捕容疑は2016年07月23日23時~24日01時頃に千葉県佐倉市の路上で七代目双愛会『五代目寺島一家』幹部とみられる栗田容(53・千葉県四街道市)に対し、殴る蹴る踏みつけるなどの暴行を加えて死亡させた疑い。
  • 大月らは栗田から因縁を付けられたため、仲間10人以上の応援を呼び集団暴行を加えたとみられている。栗田は心肺停止の状態で病院に搬送され、間もなく死亡が確認された。
  • 2016年08月19日、新しい情報によると栗田は知人から「大月からいやがらせを受けている」と相談されており、「落とし前をつける」として大月の自宅に向かったところ、集団暴行を受けたという。
  • 2017年09月04日、逮捕され傷害致死の罪で起訴されていたトラック運転手の和田淳(48・千葉県栄町)の初公判が千葉地裁で開かれた。検察は「被害者の栗田さんは仲間3人と酒を飲んでいたところ、大月裕如が知人に迷惑を掛けていることが分かり、大月に電話でやめるように話したが、まとまらなかった。栗田さんら4人は大月の自宅へ向かったが、大月は知人や友人に電話を掛けて自宅に集め、つかみ合いとなって話はまとまらなかった。さらに右翼団体創設者で顧問の帯金勝彦を呼び、帯金が栗田さんに殴りかかり、和田は暗黙のうちにお互いに意思を通じて殴った」などと陳述。弁護側は「大月は暴力団が乗り込んでくると思い、片っ端から仲間に電話し、和田は事情が分からないまま話し合いの為に人数合わせで呼ばれた。栗田さんが帯金に暴力を振るったのがきっかけ、和田は栗田さんの攻撃を受けて突発的に3~4発殴った」などと陳述した。
  • 2017年09月11日、和田淳の判決公判が千葉地裁で開かれ、裁判長は懲役4年(求刑懲役8年)の実刑判決を下した。裁判長は量刑理由として「和田淳の暴行は栗田さんの死亡結果に大きな影響を与えるものではなかったが、多人数で明らかに度を越えた苛烈な暴行であり、粗暴かつ危険な犯行で、その責任は決して看過できるものではない」などと述べた。
  • 2017年10月18日、逮捕され傷害致死の罪で起訴されていた右翼団体『潔心塾』幹部の大月裕如、大月の後輩で解体工の岩村俊、潔心塾創設者の運転手の森谷誠、の計3人の初公判が千葉地裁で開かれた。検察は冒頭陳述で和田淳の公判とほぼ同じ内容を述べ、「3人は暗黙のうちに互いに意思を通じ暴力を振るった」とした。大月の弁護側は「栗田さんの行為がなければ事件は起きなかった、栗田さん側に落ち度があった」とし、岩村の弁護側は「頭や顔に暴行を加えたが腹部には加えていない」として共謀を否定した上で傷害罪にとどまると主張し、森谷の弁護側は「顔を数回殴ったにすぎず、致命傷となる暴行は加えていない」などと述べた。大月は「私が中心になり暴行を加えて死亡させた事実に間違いありません」として起訴内容を認めた。
  • 2017年10月31日、大月裕如、岩村俊、森谷誠の計3人の判決公判が千葉地裁で開かれ、裁判長は大月に懲役10年(求刑懲役12年)、岩村に懲役8年(求刑懲役9年)、森谷に懲役4年(求刑懲役7年)の判決を下した。裁判長は「栗田さんが一方的に大月の自宅へ押しかけたことや、栗田さんの言動に恐怖を感じた経緯や動機などは理解できるものの、明らかに限度を超えた暴行で、数で勝る状況を作り出し、大月は死因に最も寄与した激しい暴行を加えた、粗暴かつ危険な犯行」とし、岩村について「大月とともに中心となって暴行しており、責任は大月に次ぐ」とし、森谷被告については「大月と岩村の間から数発手を出し、うち1回は首付近に当てたが、その後は暴行をやめて消極的な態度を示した」と述べた。



潔心塾について

潔心塾

潔心塾は千葉県成田市に総本部を置く日本の右翼団体。

最終更新:2011-02-22 14:02:23