Kobe

2016年04月25日、神戸山口組の二次団体で神戸市中央区にある『四代目山健組』に家宅捜索が入ったという情報があった。

傘下幹部が暴力団であることを隠してレンタカーを借りた詐欺の疑いで逮捕されており、その関係先として家宅捜索したようだ。 


スポンサーリンク


「指定」後初 神戸山口組傘下「山健組」を捜索
2016/04/25 19:54

(MBS 毎日放送) http://www.mbs.jp/news/kansai/20160425/00000051.shtml


このニュースのまとめ

  • 2016年04月、神戸山口組『四代目山健組』傘下幹部の吹野清仁(43)が詐欺の疑いで逮捕された。
  • 逮捕容疑は2014年04月に神戸市のレンタカー店で暴力団であることを隠して車を借りる契約をした疑い。
  • 2016年04月25日、この事件の関係先として神戸市中央区にある『四代目山健組』と関連施設を兵庫県警が家宅捜索した。


山健組について

20150906-132837-1-0004
四代目山健組の井上邦雄組長

山健組

四代目山健組(やまけんぐみ)は兵庫県神戸市中央区花隈町26-4に本部を置き兵庫県神戸市中央区花隈町25-15に山健会館を置く暴力団で、神戸山口組の二次団体。

◆山健組系譜
初 代 - 山本健一
二代目 - 渡辺芳則
三代目 - 桑田兼吉
四代目 - 井上邦雄

◆四代目山健組組織図
組 長 - 井上邦雄(神戸山口組組長)
 
◆執行部
副組長 - 織田絆誠(神戸山口組若頭代行)
若 頭 - 伏見繁造
舎弟頭 - 生島仁吉(生島組組長)
本部長 - 與 則和(與組組長)
舎弟頭補佐 - 山本一廣(健國会総裁)
若頭代行 - 中田広志(五代目健竜会会長)
若頭補佐・慶弔委員長 - 高野紘吉(高野組組長)
若頭補佐 - 宮田世市
若頭補佐・渉外委員長 - 藤森吉晴
若頭補佐 - 西岡義明(二代目晃心会会長)
若頭補佐 - 山之内健三(誠竜会会長)
若頭補佐 - 橋本憲一(橋本会会長)
若頭補佐 - 野崎秀夫(四代目伊藤会会長)
若頭補佐 - 水田忠好(三代目村正会会長)
若頭補佐 - 物部浩久(三代目妹尾組組長)
若頭補佐 - 金澤成樹(三代目竹内組組長)
若頭補佐・懲罰委員長 - 植野雄仁(二代目兼一会会長)
 
◆顧問
鷲坂正美
宝満国広
山下 薫
本多小政(小政組組長)
桑原真一(真和会会長)

◆若中相談役
大下秀夫
鈴木寛志
齋藤辰雄
 
◆舎弟
橘 祐二
中村 薫
酒井康夫(酒井組組長)
疋田春男(疋田組組長)
福原辰広(邦楽會会長)
元満志郎(二代目安倍組組長)
木村政明(三代目臥龍会会長)
 
◆幹部
関東統括責任者 - 山名克榮(邦将會会長)
中村啓一(二代目南進会会長)
池田真吾(池田会会長)
久保真一(二代目宝満組組長)
事務局長 - 菱川 徹(二代目一勢会会長)
田中勝彦(二代目矢倉会会長)
小嶋大享(邦勇會会長)
紀嶋仁志(三代目邦尽会会長)
林 隆生(四代目本江組組長)
牟田秀次郎(牟田一家組長)
規範責任者 - 沖 征史(邦征会会長)
冴木勇二(勇侠会会長)

最終更新:2016-04-19 09:47:21

四代目山健組は神戸山口組の二次団体、兵庫県神戸市中央区に本部を置いている。組長の井上邦雄は神戸山口組組長。

山健組は初代組長の山本健一が1961年頃に立ち上げた組織。山本は後の心腹会会長・尾崎彰春と行動を共にしていた1951年頃に三代目山口組『安原会』に加入し山口組入り。

1957年に内部昇格で三代目山口組の直参となり、1963年に三代目山口組若頭補佐に起用され執行部入り。1971年に当時の若頭である梶原組組長・梶原清晴が磯釣り中に溺死すると山本は後任に抜擢され、三代目山口組若頭となった。

山健組は夜桜銀次事件、広島抗争、大阪戦争など数々の抗争で功績を挙げ、山本は山口組組長の後継者とされていた。1981年に三代目山口組組長・田岡一雄が死去すると、翌年の1982年に山本も死去してしまう。

山健組で若頭を務めていた渡辺芳則が跡目を継承し二代目山健組組長に就任、同時に三代目山口組の直参となった。渡辺は東京のテキヤ系組織で活動したのち1961年に三代目山口組山健組に加入、1969年に山健組若頭に抜擢されていた。

1984年06月に四代目山口組が発足すると渡辺は四代目山口組若頭補佐に起用され、1985年01月に四代目山口組組長・竹中正久と四代目山口組若頭・中山勝正が暗殺されると四代目山口組若頭に昇格。

四代目山口組組長の座を巡って分裂した一和会と山口組との抗争『山一抗争』が終結した1989年、渡辺は五代目山口組組長を襲名し暴力団社会の頂点に立った。五代目体制では山健組から内部昇格で10人以上が直参に昇格、山健組は山口組内で主流派となり最大派閥の勢力を誇った。

二代目山健組で若頭を務めていた桑田兼吉が三代目山健組組長を継承、五代目山口組の直参となった。桑田は五代目山口組若頭補佐に起用される。

2005年に渡辺と桑田が引退し、弘道会会長・司忍が六代目山口組組長を襲名。これまでの山健組に代わって名古屋の弘道会が主流派となる。三代目山健組で若頭を務めていた井上邦雄が四代目山健組を継承、六代目山口組の直参となり六代目山口組若頭補佐に起用された。

2015年08月末、山口組分裂騒動が起こると井上は六代目山口組を離脱し、離脱組で神戸山口組を発足させた。井上は神戸山口組組長に就任し、四代目山健組は神戸山口組の中核組織となっている。


参考 https://ja.wikipedia.org/wiki/山本健一_(ヤクザ)
参考 https://ja.wikipedia.org/wiki/渡辺芳則
参考 https://ja.wikipedia.org/wiki/桑田兼吉
参考 https://ja.wikipedia.org/wiki/山健組
参考 https://zh.wikipedia.org/wiki/山健組
参考 http://wikiyakuza.wiki.fc2.com/wiki/山健組
参考 http://takabeya.com/?page_id=156