IMG_4271

2019年10月05日に和歌山県御坊市で開催された秋祭りで、神戸山口組若頭代行の『五代目山健組』組長の名前が入ったのぼり旗が掲げられていた。五代目山健組組長が個人で寄贈したものだということで、取り締まるのは難しいのだという。 


スポンサーリンク


和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」
2019年10月23日 23時21分

(毎日新聞) https://mainichi.jp/articles/20191023/k00/00m/040/363000c



このニュースのまとめ

  • 2019年10月05日に和歌山県御坊市で開催された『御坊祭』で、神戸山口組若頭代行で『五代目山健組』組長の中田浩司(60)の名前が入ったのぼり旗が掲げられていた。
  • 中田組長は和歌山県御坊市の出身で、秋祭りである御坊祭にのぼり旗を寄贈したという。
  • 祭りの運営側は、旗の寄贈者が暴力団員であると認識していたとみられるが、警察は「個人として寄贈したものなら注意するのも難しい」などとしている。


スポンサーリンク