miyasako2

ブログの仕様で、記事が長いと送信に失敗して反映されない為、記事を分割します。

 ⇒ この記事の前半はコチラ 
雨上がり宮迫、ロンブー亮、カラテカ入江らが詐欺グループの忘年会に闇営業で出席、FRIDAYが報じる ①



スポンサーリンク





















“闇営業報道”宮迫博之、ラジオで生謝罪「心より申し訳ない」
2019-06-11 23:08

(ORICON NEWS) https://www.oricon.co.jp/news/2137438/full/

宮迫博之、反社勢力への闇営業で「『アメトーク!』にご招待します」…公私混同の過剰なサービス
2019.06.11

(Business Journal) https://biz-journal.jp/2019/06/post_28319.html








【動画】宮迫博之 問題のパーティーで熱唱し「『アメトーーク!』に招待します」発言
2019.06.12 11:55

(NEWSポストセブン) https://www.news-postseven.com/archives/20190612_1390270.html

宮迫博之、闇営業で新動画「アメトーーク!に招待します」
2019.06.12 12:00 女性セブン

(NEWSポストセブン) https://www.news-postseven.com/archives/20190612_1390345.html



このニュースのまとめ

  • 2019年06月07日発売の、写真週刊誌『FRIDAY』2019年06月21日号は、吉本興業所属でお笑いコンビ・カラテカの入江慎也(42)が仲介役となり、会社を通さず直接ギャラを受け取る『闇営業』で、振り込め詐欺グループが関わる忘年会に、吉本興業に所属する複数の芸人が出席していたと報じた。
  • 問題となったのは、2014年12月27日に東京都にあるホテルで開催された、詐欺グループに関わる人物が代表を務める企業の忘年会で、グループリーダーの大野春水の誕生日会も兼ねて開かれたという。この詐欺グループは約200人から40億円以上を騙し取ったとみられ、2015年06月に40人以上が摘発された。暴力団関係者も多数在籍していたとされる。
  • カラテカの入江慎也(42)が仲介役として芸人を集め、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)、レイザーラモンHG(43)、ガリットチュウの福島善成(41)、その他にあまり売れてない芸人2~3人が出席し、歌やトークを披露したという。1人あたり100万円の報酬を受け取っていたとされる。
  • 入江慎也は1997年に矢部太郎(41)とお笑いコンビ『カラテカ』を結成。お酒の席などを通して人脈を広げ、2015年03月にプロモーションやコンサルティングを扱う『イリエコネクション』を設立。ビジネス、人脈、コミュニケーション能力に関する書籍を7冊出版している他、講演活動も行っている。芸能やスポーツ界や一般企業の社長までに至る人脈で知られ、「友だち5000人」と豪語し、人と人を繋げる実業家としての側面で注目されていた。
  • 2019年06月04日付で吉本興業は、所属お笑いタレントの入江慎也を契約解消し、その他の芸人については厳重注意とした。吉本興業が入江から聞き取り調査を行ったところ、入江は「詐欺グループとは知らなかった」としながらも仲介の事実を認めたという。宮迫らも詐欺グループとは知らずに参加し、金銭の授受も無かったと話しているという。吉本興業は「社の規律に反し、芸人やタレント、会社全体のイメージを著しく失墜させたことで契約解消に至った。参加したほかの芸人全員が詐欺グループのことは知らなかったとはいえ、厳重注意とした。うちの会社は、絶対に反社会的組織との交流は許さない」などとコメントした。
  • 吉本興業では、2011年08月に所属タレントの島田紳助さんが、六代目山口組統括委員長で『極心連合会』会長の橋本弘文と交際していたことを認め、芸能界を引退していた。


 ⇒ 関連記事 



暴力が支配する一触即発の世界経済