神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は山口組分裂騒動を中心に、暴力団組織、反社会勢力、半グレ、裏社会、それらに関連する事件や出来事などについて研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

指定暴力団「浪川会」トップ引退へ 大牟田警察署に届け出 2日前には「道仁会」継承式 福岡県内の情勢変化

2024年05月29日、福岡県大牟田市を拠点とする二代目浪川会の浪川政浩総裁が、自身の引退を警察に届け出た。浪川総裁は渡世から退くものの、浪川会は名称を変えるなどして存続する、もしくは出身母体の五代目道仁会と合流する、などの説が出ている。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

道仁会ロゴ

2024年05月27日、福岡県久留米市の四代目道仁会が代替りし、五代目道仁会が発足した。四代目の小林哲治会長が退任し、福田憲一理事長が五代目会長となった。小林前会長は、五代目体制で組織に残るのか、もしくは引退するのか、どちらの説も出ている。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

全国初 制限住居離脱容疑 暴力団員逮捕 和歌山県警

2024年05月27日、保釈中に指定された居住地から3日以上離れていたとして、六代目山口組系組員が刑事訴訟法違反(制限住居離脱)の疑いで逮捕された。

組員は別の事件で逮捕されており、知人宅に住むことを条件に裁判所から保釈を認められていた。しかし、組員は裁判所の条件を破り、別の知人宅を転々としていたという。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

井上邦雄 別宅

2024年05月23日、神戸山口組の新本部となっている兵庫県稲美町中村にある建物の使用の禁止を求めて、暴力団追放兵庫県民センターが仮処分を地裁に申請した。この新本部は神戸山口組の井上邦雄組長の別宅だったとみられている。

神戸山口組の本部は、兵庫県淡路市にある侠友会 ⇒ 兵庫県神戸市にある連絡所 ⇒ 兵庫県稲美町にある井上組長の別宅、と移転していて、いずれも暴対法に基づく使用禁止の発令などによって使えなくなっていた。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

hukuhara16

2021年10月21日、会社役員の男性に架空の融資を持ちかけて2億5000万円を騙し取ったとして、神戸山口組『二代目宅見組』最高幹部の傘下組長ら4人が詐欺などの疑いで逮捕された。組長らは「2億5000万円を払えば10億円を融資する」と話を持ちかけ、男性は2億5000万円を支払ったが10億円の融資をしてもらえなかったという。

2021年11月11日、同じ手口で別の会社役員の男性から2億7000万円を騙し取ったとして、逮捕されていた神戸山口組『二代目宅見組』最高幹部の傘下組長ら4人が詐欺の疑いで再逮捕された。この時も「2億5千万円を用意すれば6億円を融資する」と話を持ちかけ、金を騙し取っていたという。

2021年12月23日までに、逮捕されていた神戸山口組『二代目宅見組』最高幹部ら4人は、両方の事件で不起訴処分となった。

その後、2億5000万円を騙し取られた会社役員の男性が、神戸山口組『二代目宅見組』最高幹部やその上部団体の組長だった神戸山口組の井上邦雄組長ら4人に損害賠償を求めて訴訟を起こし、2024年05月21日の判決で井上組長ら4人に約2億7000万円の支払いを命じる判決が言い渡された。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

神戸山口組池田組の幹部らが銃撃され負傷した事件 池田組の事務所に「使用制限命令」

2024年05月21日、岡山県岡山市にある池田組の組事務所に貼ってある標章2枚を剝がしたとして、自称アルバイトの男が暴対法違反の疑いで逮捕された。池田組は2022年12月に特定抗争指定暴力団に指定されていて、その際に県公安委員会が使用制限を示す標章を組事務所に貼っていた。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

【暴力団幹部の男を逮捕】別の暴力団の幹部を拳銃で殺害か  茨城・水戸市

2022年01月に、茨城県水戸市元吉田町にある六代目山口組『三代目一心会』傘下『三代目三瓶組』の組事務所で、三代目三瓶組の神部達也若頭が何者かに拳銃で頭を撃たれて亡くなった事件で、茨城県警は2024年02月02日までに、重要指名手配犯で02月01日に逮捕された絆會若頭の金澤成樹こと金成行の逮捕状を取っていたことが分かった。

金は、2020年09月に長野県宮田村で六代目山口組『三代目弘道会』系組織へ移籍した元絆會系組長を銃撃して逃亡し、警察から重要指名手配され、約3年半後の2024年02月01日に潜伏先の宮城県仙台市で逮捕されていた。

茨城県水戸市の銃撃事件の犯人は捕まっていなかったが、事件後から長野県宮田村の銃撃事件で逃走中の金が起こしたのではないかとのウワサが流れていた。

2024年04月30日、茨城県警は神部若頭が銃撃されて亡くなった事件で、絆會若頭の金澤成樹こと金成行を逮捕し、05月21日には水戸地検が起訴した。

金は他にも、2023年04月に兵庫県神戸市のラーメン店で、店主を務める六代目山口組『三代目弘道会』系組長が銃撃された事件でも逮捕される見込みとなっている。この事件も金が逃走中に起こしたとみられている。

 ⇒ 長野県宮田村の銃撃事件で指名手配中の金を逮捕 


  ⇒ 金が犯人だとみられる兵庫県神戸市の銃撃事件 


 ⇒ 絆會若頭の金澤成樹こと金成行の経歴 
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_4054

2023年12月13日付で、絆會の本部事務所を使用禁止とする仮処分を、大阪地裁が決定した。

六代目山口組から分裂して結成された神戸山口組がさらに分裂して結成された絆會(旧・任侠山口組)は、結成当初は兵庫県尼崎市にある傘下事務所を本部としていたが、使用禁止となり民間業者に売却されたため、2023年07月に大阪府大阪市にある組事務所が本部と認定されていた。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

【急展開】事件から9年  逮捕の“4つの根拠_とは?「餃子の王将」

餃子の王将を運営する王将フードサービスの大東隆行社長が、2013年12月に銃撃されて亡くなった事件で、警察は2022年10月27日、福岡県北九州市の独立組織『五代目工藤會』系幹部の逮捕状を取り、翌日に幹部を逮捕した。

現場付近の遺留品などの捜査で、以前からこの幹部の犯行が疑われていたが、これまで検挙には至っていなかった。事件は迷宮入りしたかに見えたが、事件から約9年の時を経て、ようやく初の逮捕者となった。

2024年05月20日、逮捕され殺人の罪で起訴されていた五代目工藤會系幹部の弁護側が、公判で無罪を主張する方針であることを明かした。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

Roku

2024年05月15日、少年らを脅して325万円を要求したとして、六代目山口組『三代目弘道会』系幹部ら2人が恐喝未遂の疑いで逮捕された。少年らは幹部が関与するネットカジノ店に強盗に入っていたことから、幹部が少年らを呼び出して現金を要求したという。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

↑このページのトップヘ