神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は山口組分裂騒動を中心に、暴力団組織、反社会勢力、半グレ、裏社会、それらに関連する事件や出来事などについて研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

カテゴリ: 山口組分裂

安部組

2022年12月、福岡県福津市にある神戸山口組『二代目安部組』の組事務所について、福津市が使用の差し止めを求める仮処分を地裁に申し立てた。

二代目安部組では、2022年08月に組事務所に車が突っ込み、同月には組長宅の車が全焼し、09月には県内の対立する六代目山口組系顧問の自宅に車が突っ込むなど、周辺で抗争が相次いでいた。

2022年12月26日、福岡地裁が二代目安部組事務所の使用禁止を決定。2023年06月には、二代目安部組は組事務所を売却し、近く撤去する意志を固めたという。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

死亡したラーメン店の店主は「暴力団組長」と判明

2023年04月22日昼前、兵庫県神戸市にあるラーメン店で、店主の六代目山口組『三代目弘道会』直系『湊興業』の余嶋学組長が、頭から血を流して亡くなっているのが発見された。組長の頭には拳銃で撃たれたような痕があり、暴力団抗争の可能性があるとみられている。

余嶋組長は、ヤクザをやりながらラーメン屋を兼業していたという。

 ⇒ 事件の続報 



 ⇒ 余嶋組長の経歴 


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

kanazawa1

2020年09月28日夕方、長野県宮田村にある駐車場で、絆會幹部の『四代目竹内組』組長とみられる男性が拳銃で撃たれる事件が発生した。男性は腹を撃たれたが、命に別条はなかった。犯人は絆會若頭を務める金澤成樹とみられていて、金澤は竹内組の先代組長だった。

2015年08月に六代目山口組が分裂して神戸山口組が結成されて以降、四代目竹内組は長野県を中心として六代目山口組『三代目弘道会』系組織と何度も抗争を繰り返していた。2017年04月に神戸山口組が分裂して任侠山口組(現・絆會)が結成されると、四代目竹内組は任侠山口組に参加。

今回の事件前に四代目竹内組は絆會を離脱し、敵対していた六代目山口組『三代目弘道会』系組織に移籍したとされていて、その移籍が原因で今回の事件が起こったとみられている。

2020年10月、警察は犯人とみられる絆會若頭の金澤成樹の逮捕状を取り、全国に指名手配して行方を追っている。

2020年10~11月、事件直後に金澤成樹を車に乗せて逃走を手助けしたとして、絆會系組員など4人が犯人隠避の疑いで逮捕されたが、2021年04月に不起訴処分となった。

 ⇒ 金澤若頭が逮捕されました 



 ⇒ 絆會若頭の金澤成樹こと金成行の経歴 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

神戸山口組組長宅への発砲

2022年06月05日昼過ぎ、神戸山口組の井上邦雄組長の兵庫県神戸市にある自宅に、銃弾が17発も撃ち込まれる事件が発生した。ケガ人はなく、直後に六代目山口組『三代目弘道会』系組員が拳銃を持って出頭し、逮捕された。

ここ最近、若頭の寺岡修(侠友会)会長の関係先が銃撃されたり、副組長の入江禎(二代目宅見組)組長の自宅に車が突っ込んだり、井上邦雄組長と関係があるとみられる飲食店のガラスが割られたりするなど、神戸山口組の最高幹部らに向けた攻撃が増えていた。

2023年05月12日、出頭して逮捕されていた六代目山口組『三代目弘道会』系組員の判決公判で、懲役10年の判決が言い渡された。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

aoki

2023年03月、神戸山口組本部長を務める五龍会の青木和重会長が、神戸山口組から脱退したと伝えられた。青木会長は北海道札幌市で活動しており、元々は六代目山口組『三代目誠友会』で最高幹部を務めていたが除籍され、2016年に神戸山口組へ加入して復帰。

神戸山口組では、2023年02月に若頭補佐だった百八竜会の竹本均会長が破門処分されていて、神戸山口組では2022年08月以降、直参6人が離脱・破門で神戸山口組から去っている。

野内組は、六代目山口組と神戸山口組との抗争で武勲を挙げ、神戸山口組やそこから分裂した絆會(元・任侠山口組)の幹部らを次々と移籍させていて、六代目山口組へ出戻るための駆け込み寺となっている。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

fujiwara2

2021年05月30日夜、神戸山口組舎弟頭補佐を務める三代目熊本組の藤原健治組長の岡山県倉敷市にある自宅に、拳銃が打ち込まれる事件が発生した。玄関などに複数の弾痕が発見されたが、けが人はいなかった。

通報から約30分後、六代目山口組『三代目杉本組』幹部が拳銃を持って警察署に出頭し、銃刀法違反の疑いで逮捕された。

三代目熊本組では、2020年12月に若頭の組事務所に発砲される事件も起こっていて、今回は組長の自宅が狙われた。警察は、山口組の分裂抗争の可能性があるとみて捜査している。

事件後の2021年06月、藤原組長は引退した。組事務所が銃撃された若頭は、2021年02月に三代目熊本組を離脱し、六代目山口組『二代目若林組』へ移籍している。

2023年02月06日、逮捕されていた六代目山口組『三代目杉本組』幹部の裁判で、検察側は懲役13年を求刑し、03月20日に懲役10年が言い渡された。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

shimizu6

2022年05月10日昼、三重県伊賀市にある駐車場で、絆會の直系組長が何者かに銃撃される事件が発生した。組長は病院で手当てを受けていて、命に別条はないとみられる。犯人は逃走しており、警察が行方を追っている。

2022年05月14日昼、この事件の犯人とみられる六代目山口組『三代目一心会』系組員が出頭し、銃刀法違反の疑いなどで逮捕された。

2023年02月24日、六代目山口組『三代目一心会』系組員の裁判で、検察側は懲役18年を求刑し、03月20日の判決公判で懲役15年の判決が言い渡された。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

車で車庫を壊した疑いで暴力団組員を逮捕

2022年10月22日早朝、神戸山口組から離脱して独立組織となっている、岡山市に本部を置く池田組の池田孝志組長の親族の家に、車が突っ込む事件が発生した。車は近くで乗り捨てられ、犯人は逃走した。

池田組は、神戸山口組時代も独立組織となってからも抗争の標的で、六代目山口組系組員らによって襲撃事件が繰り返されてきた。10月には池田組長が散髪中に襲撃され、池田組長が住むマンションに止めてあった車が銃撃されている。

2022年11月02日、この事件の犯人とみられる六代目山口組『五代目山健組』系組長が逮捕され、2023年03月07日の裁判で懲役3年の実刑判決が下された。

 ⇒ 関連記事 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

池田組長襲撃

2023年01月11日、昨年10月に池田組の池田孝志組長が理髪店で散髪中、襲撃して来た六代目山口組系幹部を返り討ちにしたとして、池田組組員ら3人が傷害の疑いで逮捕された。3人は池田組長のボディーガードだとみられ、襲撃して来た六代目山口組系幹部を制圧して警察に引き渡し、池田組長を無傷で守っていた。

2023年02月01日、逮捕されていた池田組組員ら3人は不起訴処分となった。

 ⇒ 関連記事 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

組長のベンツか ボンネットにつるはし 2

2022年09月21日、岡山県岡山市にある池田組の事務所の駐車場で、池田組関係者の車2台がつるはしで破壊される事件が発生した。直後に犯人とみられる六代目山口組『五代目山健組』系組員が警察署に自首し、事件が発覚した。

池田組の池田孝志組長は、2015年に六代目山口組が分裂して神戸山口組が結成される際、六代目山口組を離脱し、神戸山口組に結成メンバーとして参画。神戸山口組の最高幹部を務めていたが、神戸山口組の井上邦雄組長と組織運営をめぐって対立し、2020年に神戸山口組を離脱していた。

池田組は独立組織となっていたが、2022年09月に神戸山口組と五分の親戚関係を結び、一度は離れた神戸山口組と再び連携した。池田組は、2017年に同じく神戸山口組を離脱して独立組織となった絆會(旧・任侠山口組)と同盟関係にあるため、神戸山口組・池田組・絆會の三派が連合を組む形となっていた。

今回の事件は、この三派連合を結成したことに対する、対立する六代目山口組側からの圧力とみられている。

2022年12月21日、自首した六代目山口組『五代目山健組』系組員の初公判で、懲役1年6箇月が求刑され、2023年01月10日の判決公判で、懲役1年2箇月の実刑判決が下った。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

↑このページのトップヘ