道仁会ロゴ

2024年06月08日、五代目道仁会系幹部が関与する投資詐欺に遭った被害者ら8人が、当時の代表者らに責任があるとして、五代目道仁会の小林哲治前会長や幹部らに約3億円の損害賠償を求めて提訴した。

原告の8人は道仁会系幹部が束ねる詐欺グループから架空の投資話を持ち掛けられ、約2億5000万円を騙し取られていたという。


スポンサーリンク


指定暴力団・道仁会の当時の会長らを投資詐欺の被害者らが提訴 計約3億円の賠償求める 暴力団対策法の「代表者責任」根拠に
2024年6月10日(月) 10:32

(TBS) https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/1220604?display=1

指定暴力団・道仁会組員に全国初「請求妨害禁止」の仮命令  2億5000万円超の詐欺事件で被害者8人が提訴 熊本県警
2024年6月10日(月) 13:26

(熊本放送) https://newsdig.tbs.co.jp/articles/rkk/1220927?display=1


このニュースのまとめ

  • 2024年06月08日、五代目道仁会系幹部が関与する投資詐欺の被害者ら8人が、五代目道仁会の小林哲治前会長や幹部らを相手に、当時の代表者らに責任があるとして、暴力団対策法の『代表者責任』を根拠に、計約3億円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。
  • 被害に遭った原告8人は2017年11月~2018年11月、道仁会系幹部を中心とする詐欺グループから、実体の無いカジノ事業への投資を持ち掛けられ、計約2億5000万円の金を騙し取られたという。
  • 2024年06月07日には、この投資詐欺事件で詐欺の罪に問われた道仁会系幹部に対し、東京地裁が懲役11年の判決を言い渡していた。
  • 2024年06月08日と10日、熊本県警は五代目道仁会系組員(69・熊本県)ら2人に対し、原告ら8人への請求妨害行為をする可能性があるとして、妨害行為を禁止する仮命令を出した。
  • 仮命令では、原告8人やその配偶者などに不安を煽ったり、面会を強要したり、自宅や勤務先付近を徘徊することなどが禁じられる。熊本県警は06月18日に組員らから意見聴取をした後、本命令を出す方針。
 ⇒ 関連記事 



























スポンサーリンク