kato

2016年10月11日、六代目山口組若中で『六代目豪友会』会長の加藤徹次こと加藤徹司ら3人が詐欺の疑いで逮捕されたという情報があった。逮捕容疑は暴力団であることを隠してカタギの名義を使って車を購入したというもの。

2016年10月14日、この事件の関係先として神戸市灘区にある六代目山口組の総本部に家宅捜索が入った。 


スポンサーリンク


山口組系組長ら逮捕=身分隠し車購入容疑-兵庫県警
2016/10/11-20:13

(時事ドットコム) http://www.jiji.com/jc/article?k=2016101100826




(追記)

2016年10月14日、この事件の関係先として神戸市灘区にある六代目山口組の総本部に家宅捜索が入った。 

六代目山口組直系組長を詐欺容疑で逮捕 身分隠して乗用車購入
2016/10/14 12:12

(MBS 毎日放送) http://www.mbs.jp/news/kansai/20161014/00000024.shtml

直系組長詐欺事件 山口組総本部を捜索 県警
2016/10/14 11:08

(神戸新聞NEXT) http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201610/0009580112.shtml

兵庫県警が山口組総本部捜索…「組長車」購入事件、30分間混乱はなく
2016.10.14 11:22

(産経ニュース) http://www.sankei.com/west/news/161014/wst1610140035-n1.html


このニュースのまとめ

  • 2016年10月11日、六代目山口組若中で『六代目豪友会』会長の加藤徹次こと加藤徹司(50・香川県高松市)、『六代目豪友会』系組員の井下貴弘(46・香川県高松市)、自動車修理業の男性(39・香川県高松市)の計3人が詐欺の疑いで逮捕された。
  • 逮捕容疑は2015年02月に暴力団であることを隠して高松市の自動車販売会社を通じて大阪市の自動車販売会社で車を注文、自動車修理業の男性名義で2015年07月に購入した疑い。
  • 2016年10月14日、この事件の関係先として神戸市灘区にある六代目山口組の総本部を兵庫県警が家宅捜索した。


豪友会について

豪友会

六代目豪友会(ごうゆうかい)は高知県高知市廿代町14-29に本部を置く暴力団で、六代目山口組の二次団体。

<豪|友>
 
豪友会系譜
初 代 - 中山勝正
二代目 - 岡崎文夫
三代目 - 池本 審
四代目 - 山内鐘吉
五代目 - 山本克博
六代目 - 加藤徹次
 
◆六代目豪友会組織図
会 長 - 加藤徹次(六代目山口組若中)
 
◆執行部
若 頭 - 谷脇 修(谷脇組組長)
統括委員長 - 大塚和仁(和仁興業会長)
若頭補佐 - 岸 織夫(二代目誓心会会長)
若頭補佐 - 真鍋芳典(五代目坂井組組長)
若頭補佐 - 岡山一仁(八代目中津川組組長)
 
◆舎弟
会長相談役 - 土居学令
会長相談役 - 森本茂雄
 
◆幹部
竹﨑信介
 
◆若中
大川信吾(二代目隆誓会会長)
藤本孝三

最終更新:2016-09-11 13:10:43

六代目豪友会は六代目山口組の二次団体、高知県高知市に本部を置いている。会長の加藤徹次は六代目山口組若中。

豪友会は初代会長の中山勝正が興した組織。中山勝正は1956年頃に高知県の中井啓一が率いる『中井組』の若頭であった大黒麗夫の『大黒組』に加入して渡世を開始。その後に中井組の直参となる。中井啓一は1957年に高知市議会議員選挙に立候補して当選、高知市議会議員を1期務めた。1958年に田岡一雄の舎弟盃をうけて三代目山口組の直参となり、中井組は山口組入りした。

中山勝正は豪友会の前身となる『自動車愛好会』を結成。1961年08月に自動車愛好会を豪友会に改称。1961年10月には中井組若頭に就任した。1972年に中井組から内部昇格で35歳で三代目山口組の直参となり、豪友会は山口組の直系組織となった。1977年、中山は三代目山口組若頭補佐に起用されて執行部入り。

1984年、四代目山口組が発足すると中山は四代目山口組若頭に抜擢され、山口組ナンバー2となった。かつての親分だった中井啓一は竹中正久の四代目就任に反対し、山口組を離脱して一和会最高顧問に就任。山一抗争が勃発すると中井組と豪友会の間でも高知抗争が起きた。

1985年01月26日、四代目山口組組長の竹中正久、若中の南力、若頭の中山勝正の3人で大阪府吹田市のマンションに入った所、一和会のヒットマンに銃撃され、3人全員が死亡。中山勝正は47歳で絶命した。

六代目豪友会会長の加藤徹次は豪友会傘下の坂井組の四代目を継承し、五代目豪友会で若頭補佐、若頭を歴任。2014年02月に五代目豪友会会長の山本克博が引退すると、加藤徹次が六代目豪友会会長を継承し、六代目山口組の直参となった。

2016年03月、加藤は六代目山口組四国地区責任者に起用されている。



 ⇒ 関連記事
六代目山口組『豪友会』統括委員長に実刑判決、偽造収入印紙密輸事件

http://yakuza893.blog.jp/goyukai1.html



日本のヤクザ100人 闇の支配者たちの実像
日本のヤクザ100人 闇の支配者たちの実像 [単行本]


スポンサーリンク