FullSizeRender

2019年03月05日、六代目山口組『六代目豪友会』系組長が高知県漁業調整規則違反の疑いで逮捕された。逮捕容疑は高知県香南市の川で、シラスウナギ9匹を密漁したというもの。シラスウナギは数が少なく、価格の高騰が続いているため、暴力団が密漁を資金源にしている可能性があるとみられている。


スポンサーリンク


シラスウナギ密漁暴力団逮捕
2019年03月05日 17時57分

(NHK NEWS WEB) https://www3.nhk.or.jp/lnews/kochi/20190305/8010004539.html



このニュースのまとめ

  • 2019年03月05日、六代目山口組『六代目豪友会』系組長の岸鉄夫(57)が、高知県漁業調整規則違反の疑いで逮捕された。
  • 逮捕容疑は2019年03月05日04時頃、高知県香南市を流れる烏川の河口で、高知県の許可を得ずにシラスウナギ9匹を密漁した疑い。
  • 先月下旬ごろから「シラスウナギを密漁している人がいる」との情報が警察に寄せられていて、警察が張り込みをしていると、すくい網を使って密漁している岸を発見し、現行犯逮捕したという。


 ⇒ 関連記事 


スポンサーリンク