神戸山口組池田組の幹部らが銃撃され負傷した事件 池田組の事務所に「使用制限命令」

2024年05月21日、岡山県岡山市にある池田組の組事務所に貼ってある標章2枚を剝がしたとして、自称アルバイトの男が暴対法違反の疑いで逮捕された。池田組は2022年12月に特定抗争指定暴力団に指定されていて、その際に県公安委員会が使用制限を示す標章を組事務所に貼っていた。


スポンサーリンク


指定暴力団・池田組事務所入り口ドアの「使用制限命令」の標章をはぎとった疑い 自称・アルバイトの男(61)を逮捕【岡山】
2024年5月21日(火) 09:18

(山陽放送) https://newsdig.tbs.co.jp/articles/rsk/1181007?display=1

池田組本部の使用制限標章剥がす 岡山中央署、容疑で男逮捕
2024年05月21日 12時12分

(山陽新聞) https://www.sanyonews.jp/article/1555653


このニュースのまとめ

  • 2024年05月21日、自称アルバイトの男(61・岡山市北区)が、暴力団対策法違反の疑いで逮捕された。
  • 逮捕容疑は2024年04月22日と23日、岡山県岡山市北区田町2にある池田組の本部事務所の玄関などに貼られている標章2枚を剝がした疑い。
  • 2024年04月23日に岡山県岡山市内にある司法関係の官公庁などの敷地に剥がされた標章2枚が捨てられているのが発見され、投棄場所の管理者からの通報を受けた警察が防犯カメラの映像などを調べ、犯人の逮捕に至った。
  • 池田組は六代目山口組の傘下組織だったが、2015年08月に六代目山口組から池田組を含む複数の直系組織が離脱し、離脱組で神戸山口組を結成。池田組の池田孝志組長は神戸山口組の最高幹部を務めたが、組織運営の行き違いがあり、2020年07月に神戸山口組から離脱。池田組は独立組織となり、2021年11月に指定暴力団に指定された。
  • 六代目山口組と池田組との分裂対立抗争が激しくなったことから、池田組は2022年12月には特定抗争指定暴力団に指定された。その際に、組事務所への立ち入りなどを禁止するため、岡山県公安委員会が標章を貼っていた。
  • 男は池田組の関係者ではないとみられていて、警察が動機を調べている。警察の取り調べに対し、男は「今のところ何も言えない」として黙秘しているという。





池田組の本部事務所




 ⇒ 関連記事 













スポンサーリンク