terakado1

2020年11月05日、「訴訟の和解金が必要」などと電話で嘘を付き、岐阜県の男性から200万円を騙し取ったとして、六代目山口組系組員の男が詐欺の疑いで逮捕された。この詐欺グループによる被害は約4000万円にのぼるとみられている。


スポンサーリンク


8県で4000万円以上詐取か、特殊詐欺のリクルート役の組員逮捕
2020年11月5日 14時31分

(TBS NEWS) https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4119431.html

葉書で“訴訟和解金”信じ込ませ…現金詐取
2020年11月5日 18:01

(日テレNEWS24) https://www.news24.jp/articles/2020/11/05/07755656.html

嘘のはがきで「料金未納の最終通知」200万円詐取か
2020/11/05 23:41



(テレ朝news) https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000197603.html



このニュースのまとめ

  • 2020年11月05日、六代目山口組系組員の寺門稜汰(29)が、詐欺の疑いで逮捕された。
  • 逮捕容疑は2019年09月、仲間と共謀して弁護士を装い、岐阜県の男性(68)に電話で、偽の訴訟の和解金が必要などとウソを付き、現金200万円をだまし取った疑い。
  • 寺門らは電話を掛ける前に男性宛に、「総合消費料金未納に関する訴訟最終通知のお知らせ」と書かれたウソのはがきを送り、信じた男性に電話を掛けさせて和解金を請求し、現金を東京都練馬区にあるアパートの一室に送らせていたという。
  • 寺門は特殊詐欺グループのリクルート役だとみられ、このグループは8県の高齢者ら11人から約4000万円を騙し取ったとみられている。



相剋 山口組分裂・激動の365日


スポンサーリンク