六代目山口組 餅つき
過去の餅つき大会の様子

2023年12月28日、六代目山口組が愛知県にある十代目瀬戸一家の本部で、年末恒例の餅つき大会を開催した。六代目山口組の司忍組長と高山清司若頭の他、計100名ほどが参加したとみられている。


スポンサーリンク


六代目山口組が「恒例餅つき」を開催…司忍組長は報道陣や警察に対し「おう、皆さん良いお年を」と余裕の表情
2023.12.30 15:50

(FLASH) https://smart-flash.jp/sociopolitics/267652/

6代目山口組「餅つき会」がプロパンガスではなく電気蒸し器使用に変わった裏事情
2024年01月09日

(週刊新潮) https://www.dailyshincho.jp/article/2024/01090601/?all=1

【六代目山口組の餅つきに密着】参加者は「PCR検査必須」、会場はさながら高級ブランドのファッションショー、高山若頭は50万超のフランス製ダウンジャケット
2024.01.10 10:58

(週刊ポスト) https://www.news-postseven.com/archives/20240110_1933317.html

【六代目山口組の餅つき】司組長はメディアに「よいお年を」 関係者しか食べられない「4つの味の餅」の中身とは
2024.01.10 10:59

(週刊ポスト) https://www.news-postseven.com/archives/20240110_1933372.html

【厳戒態勢】「組長がついた餅を我先に口に」「樽酒は愛知の有名蔵元」六代目山口組機関紙でわかった「ハイブランド餅つき」の全容
2024.05.31 07:00

(週刊ポスト) https://www.news-postseven.com/archives/20240531_1967700.html


このニュースのまとめ

  • 2023年12月28日、六代目山口組は愛知県瀬戸市孫田町にある十代目瀬戸一家の組事務所で、恒例の餅つきを開催した。
  • 六代目山口組の司忍組長と高山清司若頭の他、六代目山口組の執行部や関係者など総勢100人以上が参加し、約500kgの餅米をついたとみられる。
  • 午前07時頃から組員らが集まって準備をし、09時ごろから餅つきが行われ、14時30分頃に終了したという。
  • 六代目山口組では、毎年12月末に兵庫県神戸市にある六代目山口組の総本部で餅つき大会を行うことが慣例となっているが、六代目山口組と神戸山口組の分裂対立抗争の影響などで、一時期は開催されないこともあった。




 ⇒ 関連記事 








スポンサーリンク