image

2017年11月13日までに、六代目山口組系組員の解体会社経営者ら6人が入管難民法違反(不法就労助長)で、外国人の男ら6人が入管難民法違反(不法残留、無許可活動)の疑いで逮捕された。逮捕容疑は就労資格の無い偽装難民の外国人を解体工事の仕事に従事させていたというもの。


スポンサーリンク



暴力団員 外国人6人を不法就労 解体現場で働かせる 12人逮捕 札幌市
2017年11月13日19:35



(UHB 北海道文化放送) https://uhb.jp/news/?id=3111

不法滞在外国人 働かせた疑い
2017年11月13日 20時08分

(NHK NEWS WEB) http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20171113/5679141.html

「偽装難民」不法に雇用 道警、助長容疑で暴力団員ら逮捕
2017/11/14 05:00

(どうしん 北海道新聞) http://www.hokkaido-np.co.jp/article/144862

外国人を不法就労させていた暴力団員ら逮捕
2017年11月14日(火) 08時00分

(HBC 北海道放送) http://news.hbc.co.jp/abfcc360971a50fec17374fc146620ea.html



このニュースのまとめ

  • 2017年11月13日までに、六代目山口組系組員で解体業『レジェンド』経営者の清水翔平(27)とレジェンドの幹部らの計6人が入管難民法違反(不法就労助長)の疑いで逮捕された。
  • 逮捕容疑は2017年07月~10月に北海道札幌市にある複数の住宅などの解体現場で、就労資格のないインド人4人とバングラデッシュ2人の計6人を働かせた疑い。
  • この外国人らは日本に入国して難民申請していたが、日本での滞在を延長するための虚偽の申請だとみられていて、偽装難民であるとされる。この6人も不法残留の疑いなどで逮捕された。


スポンサーリンク