暴力団の組事務所を白山市から金沢市に引っ越し…条例違反で組長ら8人逮捕

2024年05月15日までに、条例で禁止されている場所で組事務所を開設したとして、六代目山口組『三代目一会』系組長ら9人が県暴排条例違反の疑いで逮捕された。組長らは石川県の条例で禁止されている、公園から200m以内に組事務所を開設していたという。

2024年06月04日、六代目山口組『三代目一会』系組長1人が略式起訴され、他の8人は不起訴処分となった。


スポンサーリンク


公園近くに事務所開設 暴力団の組長など8人逮捕
2024年05月15日 12時23分

(NHK) https://www3.nhk.or.jp/lnews/kanazawa/20240515/3020020229.html

暴力団事務所を禁止区域で開設か 山口組系滝本組と卯辰組の組長ら逮捕 地震の復旧工事関与の有無も捜査へ
2024/05/15(水) 17:55



(石川テレビ) https://www.ishikawa-tv.com/news/itc/00002111

暴力団排除条例違反で逮捕の9人のうち組長を略式起訴
2024年06月05日 11時20分

(NHK) https://www3.nhk.or.jp/lnews/kanazawa/20240605/3020020479.html


このニュースのまとめ

  • 2024年05月15日までに、六代目山口組『三代目一会』幹部で三代目滝本組組長の福村哲郎(67・石川県金沢市)、幹部で五代目卯辰組組長の山口外喜範(74・石川県金沢市)、組員の大島祐樹(38・富山県富山市)など、計9人が石川県暴力団排除条例違反の疑いで逮捕された。
  • 逮捕容疑は2022年07月頃、石川県金沢市で条例で禁止されている公園から200m以内に、五代目卯辰組の暴力団事務所を開設し、運営していた疑い。
  • 五代目卯辰組は石川県白山市に組事務所を構えていたが、金沢市の都市公園近くの場所に移転していたという。石川県暴力団排除条例では、学校や図書館や公園などの施設から200m以内の場所に暴力団事務所を開設したり、運営することを禁止している。
  • 警察は、組事務所を開設した経緯や運用実態などについて詳しく調べる他、2011年03月に発生した東日本大震災では、暴力団が復旧工事に関わるなどして利益を得ていたことから、2024年01月に起きた能登半島地震の復旧工事に関与していないかも調べる方針だという。
  • 2024年06月04日、金沢区検は逮捕されていた、六代目山口組『三代目一会』幹部で五代目卯辰組組長の山口外喜範を石川県暴力団排除条例違反の罪で略式起訴し、幹部で三代目滝本組組長の福村哲郎ら8人を不起訴処分とした。



 ⇒ 関連記事 






























スポンサーリンク