暴力団組員に注射器“5万6000本”不正販売か…歯科医師を逮捕 覚せい剤と一緒に密売人に転売の疑いも

2024年05月23日、六代目山口組系組長に注射器計約5万6000本を不正に販売したとして、歯科医師の男が医薬品医療機器法違反の疑いで逮捕された。組長は購入した注射器と覚醒剤をセットで密売人に販売していて、2024年02月に逮捕されていた。

歯科医師の男は覚醒剤に悪用されると知りながら、注射器を組長に販売していたとみられている。

2024年06月13日、逮捕されていた歯科医師の男は略式起訴され、簡裁が罰金50万円の略式命令を出した。


スポンサーリンク


注射器5万本を暴力団員に不正販売した疑い 歯科医師の67歳男を逮捕 京都府警
2024年5月23日 15:12

(京都新聞) https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/1258832

暴力団組員に注射器“5万6000本”不正販売か…歯科医師を逮捕 覚せい剤と一緒に密売人に転売の疑いも
2024年5月23日 木曜 午後5:55

(フジテレビ) https://www.fnn.jp/articles/-/703589

注射器5万本を無届けで暴力団員に販売疑い 歯科医師逮捕
2024年05月23日 19時17分

(NHK) https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20240523/2000084545.html

暴力団員に注射器を無届け販売の疑い、歯科医師逮捕 容疑否認
2024年5月23日 20時42分

(朝日新聞) https://digital.asahi.com/articles/ASS5R3Q9TS5RPLZB00KM.html

暴力団組員に注射器を違法に転売、1千万円得る 容疑の男性歯科医に罰金50万円
2024年6月14日 18:08

(京都新聞) https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/1272729


このニュースのまとめ

  • 2024年05月23日、歯科医師の男(67・千葉県柏市)が、医薬品医療機器法違反(業による無届け管理医療機器販売)の疑いで逮捕された。
  • 逮捕容疑は2023年03月09日から09月05日のあいだ9回にわたり、千葉県流山市にある自身が経営する歯科医院で、六代目山口組『四次団体』組長(48・埼玉県)らに対し、法律で必要な届け出をせずに医療用の注射器計5万6230本を542万円で販売した疑い。
  • 組長らは歯科医師の男から購入した注射器を覚醒剤とセットで密売人らに販売していて、2024年02月までに覚醒剤取締法違反(営利目的共同譲渡)の疑いで京都府警に逮捕され、その後に起訴されている。
  • 警察が逮捕された組長らの携帯電話の通信記録などを調べたところ、歯科医師の男が注射器を売った可能性が浮上したという。通信記録には2週間ごとに6000~8000本の注射器を売買するやりとりが残されていて、歯科医師の男は300万円以上の利益を得ていたとみられている。
  • 歯科医師の男と組長は数年前から友人関係にあり、数年前から不正に注射器を販売していた可能性があるという。医薬品医療機器法では、注射器の販売や提供する際に都道府県知事への届け出を義務付けている。
  • 警察の取り調べに対し、歯科医師の男は「暴力団員と知った上でやりとりしたことはあるが、注射器は研究や治療用に使っているので販売はしていない」などと供述しているという。
  • 警察は、販売した注射器が覚醒剤などの違法薬物に悪用されると知りながら組長らに販売したとみて、注射器が暴力団の資金源になっていた可能性も視野に、注射器の入手経路なども含め捜査を進めている。
  • 2024年06月13日、京都区検は逮捕されていた歯科医師の男を医薬品医療機器法違反(無届け販売)の罪で略式起訴し、京都簡裁は罰金50万円の略式命令を出した。
  • 歯科医師の男は2023年02月からの約1年間で、業務で仕入れた計約18万3000本もの注射器を組長らに販売し、約1000万円の利益を得ていたという。




スポンサーリンク