Roku

2024年06月24日、賃貸物件を不正に契約したとして、六代目山口組系幹部ら4人が詐欺の疑いで逮捕された。この物件は暴力団員の入居を拒否していたが、幹部が住むのを隠して別の男の名義で契約を結ばせていたという。


スポンサーリンク


暴力団構成員の入居が認められていない賃貸物件を不正に契約した疑い 無職の男(54)ら4人を逮捕【香川】
2024年6月24日(月) 11:09

(山陽放送) https://newsdig.tbs.co.jp/articles/rsk/1248731?display=1

高松市の賃貸物件を不正に契約か 六代目山口組傘下組織の幹部組員の男ら4人逮捕
2024/6/24 14:59

(瀬戸内海放送) https://news.ksb.co.jp/article/15317239


このニュースのまとめ

  • 2024年06月24日、六代目山口組系幹部の男(54・香川県高松市)、会社役員の男(51・香川県高松市)、無職の男(43・香川県高松市)、会社員の男(40・香川県高松市)の計4人が、詐欺の疑いで逮捕された。
  • 逮捕容疑は2024年03月29日、実際には六代目山口組系幹部が住むのにもかかわらず、無職の男が入居すると偽って不動産会社に申し込み、賃貸物件の賃貸借契約を不正に結ばせた疑い。
  • この賃貸物件は暴力団員の入居を拒否していたが、香川県高松市にある不動産管理会社と賃貸借契約の締結業務の委託を受けていた不動産会社を介して、無職の男が入居審査に必要な氏名や住所などを管理者専用サイトに送信し、無職の男が入居すると誤って認識させていたという。
  • 警察は、無職の男が名義を貸し、会社役員の男と会社員の男が契約の仲介をしたとみている。
  • 警察の取り調べに対し、幹部は「全く関係ない」と容疑を否認し、他の3人は「嘘の内容で仲介したことは間違いないが、暴力団構成員とは知らなかった」などと容疑を概ね認めているという。


スポンサーリンク