神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は山口組分裂騒動を中心に、暴力団組織、反社会勢力、半グレ、裏社会、それらに関連する事件や出来事などについて研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

タグ:京都

harada6
火事が起きた七代目会津小鉄会系組長の住宅(左)

2021年12月27日未明、京都府京都市伏見区にある、七代目会津小鉄会の傘下組長の住宅で火事が発生した。組長は不在で無事だったが、住宅内に居た組長の同居人とみられる男性1人が亡くなった。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

Kobe

2021年07月13日、京都市東山区のキャバクラ店の経営者から金銭を脅し取ったとして、神戸山口組系幹部ら4人が恐喝の疑いで逮捕された。幹部らは経営者が店の経営権を売却したことを聞きつけ、犯行に及んだとみられている。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

izawa1

2021年05月17日、滋賀県彦根市の琵琶湖でスーツケースに入った遺体が発見され、24日にこの遺体が2007年に殺害された歯科医師の男性だったことが判明した。遺体の男性は、歯科クリニックの経営をめぐるトラブルで元六代目山口組系幹部や共同経営者に殺害され、琵琶湖に遺棄された。元幹部らは懲役16~23年の判決が下され、現在も服役している。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

Kobe

2021年04月27日、特殊詐欺グループの統括役などとみられる、神戸山口組『二代目宅見組』傘下『須藤会』幹部ら3人が詐欺や窃盗の疑いで逮捕された。幹部らはSNSで闇バイトと称して実行犯らを募り、京都府内で特殊詐欺を繰り返していたとみられている。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_4331

2020年09月30日、兵庫県尼崎市にあるパチンコ店の金庫から現金約1800万円を盗んだとして、七代目会津小鉄会(金子派)若頭ら3人が窃盗の疑いで逮捕された。事件の翌日に共犯の男が逮捕されていて、この男の供述から3人の関与が発覚した。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

takahashihisao1

2020年05月、神戸山口組幹部を務めていた雄成会の高橋久雄会長が、自身の引退と雄成会の解散を京都府警に届け出た。高橋会長は神戸山口組発足時のメンバーの1人で、発足時のメンバーが引退するのは初めてのこと。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_6598

2019年09月24日、京都府警の巡査長の男が捜査対象者に捜査情報を漏洩したとして、飲食店経営者の男が巡査長に捜査情報を教えるようそそのかしたとして、それぞれ地方公務員法違反の疑いで逮捕された。

経営者は監禁傷害事件で捜査対象者だったが、巡査長が本人に逮捕日を教えたため、経営者は1週間のあいだ逃亡を図っていた。巡査長は見返りに現金を受け取っていたとみられている。

2019年10月05日、逮捕されていた巡査長が収賄の疑いで、飲食店経営者が贈賄の疑いで再逮捕された。巡査長は飲食店経営者から現金200万円を受け取っていた。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_5544

2019年03月、京都のラッパー『LabonoCapo(ラボーノカポ)』ら計4人が、麻薬取締法違反の疑いで逮捕された。逮捕容疑は住吉会系組員からコカイン500gを販売目的で購入したというもの。Labonoは京都を中心に活動しているラッパーで、ANARCHYやAK-69などの楽曲に参加している一方、ハスリンラッパーとしても有名だったとみられている。

2019年04月11日、Labonoにコカインを販売していた、住吉会『幸平一家十三代目』傘下『堺組』幹部とみられる男が、麻薬取締法違反の疑いで逮捕された。 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_5448

2019年02月23日夜、2人組の男女が意識不明の男性を車に乗せ、京都府京田辺市にある病院に運んできた。男性は暴行を受けた跡があり、数時間後に亡くなった。運んできた2人組はそのまま立ち去った。

2019年03月06日、この事件の犯人として六代目山口組系組員ら4人が逮捕された。亡くなった男性との間で金銭トラブルがあったとみられている。

2019年03月27日、逮捕されていた六代目山口組系組員ら2人が傷害致死の罪で起訴され、他の2人は不起訴処分となった。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image
有罪判決を受けた二代目輝侠会元会長

2018年04月頃、任侠山口組直参の『二代目輝侠会』会長が詐欺の疑いで逮捕された。逮捕容疑は暴力団であることを隠して生活保護を受給していたというもので、逮捕後に二代目輝侠会会長は任侠山口組から脱退した。

この二代目輝侠会元会長は若い頃に暴力団員として活動した後に引退し、整体師として関西圏や海外に事業を展開して成功していたが破綻状態に陥り、任侠山口組に加入したが、会費も生活保護費で支払う状況だったという。 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

↑このページのトップヘ