神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は山口組分裂騒動を中心に、暴力団組織、反社会勢力、半グレ、裏社会、それらに関連する事件や出来事などについて研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

タグ:司忍

tsukasashinobu11

2021年05月20日、六代目山口組系組員が関与する特殊詐欺にあった男女3人が、六代目山口組の司忍組長に代表者責任があるとして、被害総額を含む計約2660万円の損害賠償を求めて提訴した。男女3人は2019年01月に、六代目山口組系組員が管理する詐欺グループに計2200万円を騙し取られていた。

2023年12月05日、東京地裁は六代目山口組の司忍組長の使用者責任を認め、請求の全額にあたる計約2660万円の損害賠償を命じる判決を下した。

2024年06月14日六代目山口組の司忍組長が、被害者3人に計約3200万円を支払うことで和解が成立した。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_4380

2012年頃から、日本大学の田中英寿理事長が暴力団と黒い交際をしていると報道されていて、六代目山口組の司忍組長、住吉会の福田晴瞭元会長などと一緒に写る田中理事長の写真が流出している。

田中理事長は日大の相撲部出身で、アマチュア相撲で横綱となり活躍した後、日大相撲部の監督に就任。多くの力士を育成し、日大理事、常務理事、校友会会長などを経て、2008年からトップの理事長に就任。日大のドンとして権威を振るい、国際相撲連盟会長や日本オリンピック委員会副会長など多数の役職も務めていた。

日本大学は国内でトップの在学生数、卒業生数、事業収入を誇る、日本最大規模の大学だが、日本大学と田中理事長をめぐっては、日大の発注工事に暴力団が食い込んでいる、日大の発注工事を受注した業者などから田中理事長がリベートを受け取っている、などの疑惑が指摘されていた。

2021年09月から日大の付属病院をめぐる背任の疑いが浮上し、10月に日大理事と医療法人理事長が不要な契約で日大に損害を与えた背任の疑いで逮捕された。11月29日には、田中理事長がリベートとして現金を関係者から受け取っていたが、所得に記載せず所得税を脱税したとして、所得税法違反の疑いで逮捕された。

2022年03月29日、田中元理事長に懲役1年・執行猶予3年の判決が言い渡され、04月に判決が確定した。2024年01月13日、田中元理事長は東京都内の病院で亡くなった。享年77歳。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_5978

2019年06月19日、六代目山口組の司忍組長らを相手に、会社経営者の男性がみかじめ料などの返還や損害賠償を求めた訴訟の初公判が開かれた。

男性はたびたび様々な名目でみかじめ料を要求されていて、これまでに700万円以上を支払わされていて、慰謝料なども含めて計1070万円の損害賠償を求めて提訴していた。

2022年09月30日の判決公判で、裁判長は大半が時効を過ぎているとして、司忍組長らに計47万円の支払いを命じた。2023年12月14日の二審の判決公判で、裁判長は時効を認めず、一審の47万円から増額して751万円の支払いを命じた。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

Roku

2023年06月27日までに、岡山県公安委員会は六代目山口組の司忍組長ら4人に対し、抗争事件で服役した組員ら2人への出所祝いや報償などを禁止する命令を出した。組員らは対立する池田組の関連施設に車で突っ込んだり、神戸山口組幹部の自宅に発砲するなどして逮捕され、有罪判決を受けて服役している。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

Roku

2023年06月27日、佐賀県公安委員会は六代目山口組の司忍組長ら3人に対し、抗争事件で服役した組員ら2人への出所祝いや報償などを禁止する命令を出した。組員らは2022年08月に神戸山口組『二代目安部組』の組事務所に車で突っ込み、有罪判決を受けて服役している。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

tsukasashinobu11

2021年10月04日、六代目山口組『三代目弘道会』系組員が統括役の詐欺グループから特殊詐欺の被害にあった被害者6人が、六代目山口組の司忍組長と三代目弘道会の竹内照明会長に代表者責任があるとして、約1350万円の損害賠償を求めて提訴した。被害者6人は2018年に1人あたり100万~350万円を騙し取られていて、統括役の組員を含む8人が逮捕されていた。

2023年02月01日までに、被害者6人は司忍組長と竹内会長との間で和解が成立し、解決金が支払われた。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

【独自】「侠友会」が兵庫県警に組の解散届を提出 0-34 screenshot

2022年12月20日、神戸山口組を離脱していた侠友会の寺岡修会長が、六代目山口組の高山清司若頭と面会し、組を割って神戸山口組を結成したことを謝罪した。その後、自身の引退届と解散届を警察に提出したようで、寺岡会長は渡世から退くとみられる。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

tsukasashinobu11

2022年09月27日に営まれた安倍晋三元首相の国葬で、前日に六代目山口組が「明日の国葬の間、絶対に問題を起こさぬように」などとする通達を下部組織に出していたと報じられた。国葬の当日は、六代目山口組と神戸山口組の分裂対立抗争は起こっておらず、国葬は滞りなく開催されている。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

tsukasa12

2022年05月20日、兵庫県公安委員会は六代目山口組の司忍組長ら2人に対し、抗争事件で服役した幹部ら3人への出所祝いや報償などを禁止する命令を出した。幹部らは2017年06月に神戸山口組の井上邦雄組長の別宅を銃撃し、服役している。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

seto

2020年09月02日、六代目山口組の司忍組長の自宅付近で爆竹を鳴らして警察を不要に出勤させたとして、会社員の男が偽計業務妨害の疑いで逮捕された。司忍組長宅から約100mの場所で爆竹を鳴らし、近隣住民が発砲音と間違えて通報し、警察が大量に出動したという。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

↑このページのトップヘ