神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は山口組分裂騒動を中心に、暴力団組織、反社会勢力、半グレ、裏社会、それらに関連する事件や出来事などについて研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

タグ:宅見組

hukuhara16

2021年10月21日、会社役員の男性に架空の融資を持ちかけて2億5000万円を騙し取ったとして、神戸山口組『二代目宅見組』最高幹部の傘下組長ら4人が詐欺などの疑いで逮捕された。組長らは「2億5000万円を払えば10億円を融資する」と話を持ちかけ、男性は2億5000万円を支払ったが10億円の融資をしてもらえなかったという。

2021年11月11日、同じ手口で別の会社役員の男性から2億7000万円を騙し取ったとして、逮捕されていた神戸山口組『二代目宅見組』最高幹部の傘下組長ら4人が詐欺の疑いで再逮捕された。この時も「2億5千万円を用意すれば6億円を融資する」と話を持ちかけ、金を騙し取っていたという。

2021年12月23日までに、逮捕されていた神戸山口組『二代目宅見組』最高幹部ら4人は、両方の事件で不起訴処分となった。

その後、2億5000万円を騙し取られた会社役員の男性が、神戸山口組『二代目宅見組』最高幹部やその上部団体の組長だった神戸山口組の井上邦雄組長ら4人に損害賠償を求めて訴訟を起こし、2024年05月21日の判決で井上組長ら4人に約2億7000万円の支払いを命じる判決が言い渡された。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

『甲子園で阪神の試合を観戦した疑い』で暴力団員を逮捕

2023年04月09日、甲子園球場でプロ野球の試合を観戦したとして、宅見組幹部ら2人が建造物侵入の疑いで逮捕された。甲子園球場では暴力団やその関係者など、反社会勢力の立ち入りを禁じているため、警察が球場側の規定に反して入場したことが建造物侵入にあたると判断し、逮捕に至った。

2023年04月27日、宅見組幹部ら2人は不起訴処分となった。10月06日には新たに暴力団員1人が逮捕された。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

irie16

2022年05月08日未明、神戸山口組副組長を務める二代目宅見組の入江禎組長の、大阪府豊中市にある自宅に車が突っ込む事件が発生した。門扉が壊れたが、ケガ人は居なかった。その後、警察が車を運転していたとみられる、大阪の半グレ『アビス』元幹部の男を発見し、建造物損壊の疑いで逮捕した。

逮捕されたアビス元幹部は、現在は六代目山口組『三代目弘道会』傘下『十代目稲葉地一家』系組員だという。入江組長はその後、神戸山口組の井上邦雄組長と意見の対立があり、2022年09月に神戸山口組を離脱している。

2022年12月08日、逮捕されていた十代目稲葉地一家系組員の裁判で、裁判長は懲役1年の実刑判決を言い渡した。組員は服役し、2023年08月に出所した。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

入江禎 竹本均

2023年07月、神戸山口組を脱退して独立組織となっている、二代目宅見組と佰八龍會(旧・百八竜会)が友好団体となった。二代目宅見組の入江禎組長と佰八龍會の竹本均会長はともに神戸山口組の最高幹部を務めていたが、内紛があって神戸山口組から離脱していた。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪・ミナミ 暴力団「宅見組」本部事務所を売却・解体へ

2021年02月15日、大阪のミナミにある神戸山口組『二代目宅見組』の本部事務所について、大阪地裁が使用禁止の仮処分を決定した。

二代目宅見組の本部は、特定抗争指定暴力団の警戒区域内にあるためすでに使用が禁止されているが、2020年12月に大阪府暴追センターが仮処分を申し立てていた。今回の決定で、二代目宅見組は大阪市が警戒区域から解除された後も使用禁止となる。

その後、神戸山口組副組長だった二代目宅見組の入江禎組長は、2022年09月に神戸山口組を離脱している。

2023年04月、二代目宅見組の本部事務所は民間企業に売却され、05月末から解体作業が始まった。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

irie23

2023年03月27日、大阪府警は二代目宅見組が神戸山口組から離脱したことを認定し、二代目宅見組の入江禎組長の自宅がある大阪府豊中市を、特定抗争指定暴力団の警戒区域から除外することを決めた。

入江組長は神戸山口組のナンバー2だったが、神戸山口組の井上邦雄組長を組織運営をめぐってトラブルがあり、2022年08月に離脱していた。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

暴力団事務所に車で突っ込んだ男に懲役1年6カ月の実刑

2022年06月06日未明、佐賀県佐賀市にある神戸山口組『二代目宅見組』傘下『三代目石川一家』の組事務所に、車が突っ込む事件が発生した。直後に六代目山口組『一道会』傘下『二代目定松組』組員が出頭し、建造物損壊の疑いで逮捕された。

ここ最近は神戸山口組系の組事務所、組長宅、関係先などを狙った事件が多発していて、この事件の前日には神戸山口組の井上邦雄組長の自宅が銃撃される事件も起こっていた。

事件後、2022年09月に二代目宅見組は神戸山口組を離脱し、現在は独立組織となっている。

2022年11月01日、逮捕されていた二代目定松組組員の判決公判で、裁判長は懲役1年6箇月(求刑懲役2年)の実刑判決を言い渡した。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

irie22

2022年09月21日、神戸山口組副組長を務める二代目宅見組の入江禎組長が、神戸山口組を離脱したと報じられた。入江組長は神戸山口組で一貫して副組長を務めていて、神戸山口組のナンバー2だった。

神戸山口組では、2022年08月にナンバー3の若頭だった寺岡修会長ら直参3人が離脱するという、近年最大の難局が訪れていた。組織の維持を図るため、2020年に離脱していた池田組と親戚縁組を結び、池田組と同盟関係にある、2017年に離脱していた絆會(旧・任侠山口組)も合わせて3派で連合となり、今後の動向が注目されていた所だった。

今回、ナンバー2の入江組長が離脱したことで、神戸山口組結成の首謀者とされる井上邦雄組長以下、4人の大御所は全員が神戸山口組から去ることとなり、神戸山口組はさらなる危機に見舞われている。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

irie24

二代目宅見組の入江禎組長は、五代目山口組若頭だった宅見勝組長が率いた初代宅見組で幹部を歴任し、1997年に宅見組長が内紛で銃撃されて亡くなった後、二代目宅見組組長を継承。五代目山口組の直参に昇格し、六代目山口組体制で総本部長に就任。山口組のナンバー3となった。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

irie24

二代目宅見組の入江禎組長は、2015年に六代目山口組が分裂して神戸山口組が結成されると、六代目山口組を離脱して神戸山口組に参画。神戸山口組副組長に就任し、神戸山口組の井上邦雄組長に次ぐナンバー2となった。約7年間にわたって井上組長を支えてきたが、2022年09月、神戸山口組を離脱するに至った。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

↑このページのトップヘ