神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は山口組分裂騒動を中心に、暴力団組織、反社会勢力、半グレ、裏社会、それらに関連する事件や出来事などについて研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

タグ:水戸

県公安委員会 水戸市内の暴力団事務所に使用制限の本命令

2024年05月21日、茨城県水戸市にある六代目山口組『三代目一心会』傘下『芦川会(旧・三代目三瓶組)の組事務所について、茨城県警が使用禁止の仮命令を出した。

芦川会の前身の三代目三瓶組の組事務所では、2022年01月に若頭が銃撃されて亡くなる事件があり、他の銃撃事件で指名手配され2024年02月に逮捕された絆會若頭の金澤成樹こと金成行が、逃走中にこの事件も起こしたとして2024年04月に逮捕されていた。

三代目三瓶組は芦川会に名前を変え、事件があった組事務所は水戸市に売却し、別の場所に組事務所を移しているが、また抗争が起こる懸念があるとして仮命令が出された。

2024年06月04日、茨城県水戸市にある六代目山口組『三代目一心会』傘下『芦川会(旧・三代目三瓶組)の組事務所について、茨城県公安委員会が使用禁止の本命令を出した。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

【暴力団幹部の男を逮捕】別の暴力団の幹部を拳銃で殺害か  茨城・水戸市

2022年01月に、茨城県水戸市元吉田町にある六代目山口組『三代目一心会』傘下『三代目三瓶組』の組事務所で、三代目三瓶組の神部達也若頭が何者かに拳銃で頭を撃たれて亡くなった事件で、茨城県警は2024年02月02日までに、重要指名手配犯で02月01日に逮捕された絆會若頭の金澤成樹こと金成行の逮捕状を取っていたことが分かった。

金は、2020年09月に長野県宮田村で六代目山口組『三代目弘道会』系組織へ移籍した元絆會系組長を銃撃して逃亡し、警察から重要指名手配され、約3年半後の2024年02月01日に潜伏先の宮城県仙台市で逮捕されていた。

茨城県水戸市の銃撃事件の犯人は捕まっていなかったが、事件後から長野県宮田村の銃撃事件で逃走中の金が起こしたのではないかとのウワサが流れていた。

2024年04月30日、茨城県警は神部若頭が銃撃されて亡くなった事件で、絆會若頭の金澤成樹こと金成行を逮捕し、05月21日には水戸地検が起訴した。

金は他にも、2023年04月に兵庫県神戸市のラーメン店で、店主を務める六代目山口組『三代目弘道会』系組長が銃撃された事件でも逮捕される見込みとなっている。この事件も金が逃走中に起こしたとみられている。

 ⇒ 長野県宮田村の銃撃事件で指名手配中の金を逮捕 


  ⇒ 金が犯人だとみられる兵庫県神戸市の銃撃事件 


 ⇒ 絆會若頭の金澤成樹こと金成行の経歴 
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

mikamegumi3

2022年02月04日、先月に組事務所で銃撃事件があった、茨城県水戸市にある六代目山口組『三代目一心会』傘下『三代目三瓶組』の組事務所について、水戸市は組事務所の使用禁止を求める仮処分を水戸地裁に申請した。

先月の銃撃事件ではまだ犯人が捕まっておらず、地域住民に危険が生じかねないことや、近隣に複数の学校があることなどが仮処分申請の理由だとされる。

2022年04月27日、水戸市が三代目三瓶組事務所の土地と建物を計1720万円で買い取ることで、組側と和解が成立した。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

kanbe1

2022年01月17日昼過ぎ、茨城県水戸市にある六代目山口組『三代目一心会』傘下『三代目三瓶組』の組事務所で、若頭とみられる神部達也さんが拳銃で撃たれる事件が発生した。

撃たれた神部さんは病院で死亡が確認された。犯人は現場から逃走しており、警察が行方を追っている。

 ⇒ この事件の犯人とみられる絆會若頭の金澤成樹こと金成行 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_6051

2019年07月03日、六代目山口組『二代目竹中組』幹部の『東龍会』会長ら2人が、県暴力団排除条例違反の疑いで逮捕された。逮捕容疑は茨城県水戸市で、条例に反する小学校の近くに組事務所を構えたというもので、同日に東龍会の本部に家宅捜索が入った。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

mitoshi

2017年07月11日、六代目山口組系幹部と茨城県水戸市役所の職員2人の計3人が地方公務員法違反の疑いで逮捕された。逮捕容疑は組員がトラブルになっていた男性の転居先を、茨城県水戸市役所の職員に教えてもらったというもの。

2017年07月31日、六代目山口組系幹部と水戸市役所課長補佐が起訴され、水戸市役所係長は略式起訴で罰金となった。2017年12月04日、逮捕され起訴されていた水戸市役所課長補佐の論告求刑公判が水戸地裁で開かれ、検察は懲役6箇月を求刑した。

2017年12月18日、水戸市役所課長補佐の判決公判が開かれ、裁判長は懲役4箇月・執行猶予3年の判決を下した。2018年04月11日、六代目山口組系幹部の判決公判が開かれ、裁判長は懲役3箇月の判決を下した。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

↑このページのトップヘ