神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は山口組分裂騒動を中心に、暴力団組織、反社会勢力、半グレ、裏社会、それらに関連する事件や出来事などについて研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

タグ:池袋

不良集団「怒羅権」の実態とは 創設メンバーを逮捕…出所後は脱退し更生支援活動も

2023年10月10日、池袋で起きた緊縛強盗事件を指示したとして、準暴力団『怒羅権』創設メンバーの汪楠が強盗致傷などの疑いで逮捕された。この事件では実行犯の男1人が現場で住人に反撃されて亡くなっている他、実行犯や運転手役などこれまでに5人が逮捕されている。

汪楠は受刑者らの更生支援活動に取り組んでいて、著書を出版したりテレビに出演したりしていた。

2023年12月25日、新たに中国籍で会社役員の男ら2人が強盗致傷などの疑いで逮捕された。会社役員の男が被害男性が経営する会社に約2億円を融資していて、返済が滞ったことから犯行を計画したとみられている。

2024年01月06日、新たに松葉会系組長が強盗傷害などの疑いで逮捕された。組長は依頼者の会社役員ら2人と、指示役の汪楠との間を仲介したとみられている。

この事件では、これまでに依頼者2人、仲介役1人、指示役1人、実行役5人(別の1人は反撃され死亡)の計9人が逮捕されている。他にモンゴル国籍の実行役2人がですでに出国して帰国したとみられていて、警察が逮捕状を取って行方を追っている。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

yamamotomaaku1

2021年10月21日までに、JR池袋駅前で乱闘したとして、住吉会系組員ら12人が暴力行為等処罰法違反の疑いで逮捕された。組員らは2つのグループで別々に飲食店で酒を飲み酔っていて、たまたま路上で2つのグループが出くわし、口論から乱闘に発展したとみられている。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image

2017年09月28日、中国残留孤児の子孫らで結成された準暴力団『怒羅権(チャイニーズドラゴン)』の主要メンバーで、池袋の『女ボス』や『姐御』と呼ばれていた中国籍の女ら6人が逮捕された。逮捕容疑は投資話のトラブルから池袋のカラオケ店に投資家女性を呼び出し、暴行を加えて監禁し現金を脅し取ろうとしたというもの。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

↑このページのトップヘ