神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は山口組分裂騒動を中心に、暴力団組織、反社会勢力、半グレ、裏社会、それらに関連する事件や出来事などについて研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

タグ:逃亡

全国初 制限住居離脱容疑 暴力団員逮捕 和歌山県警

2024年05月27日、保釈中に指定された居住地から3日以上離れていたとして、六代目山口組系組員が刑事訴訟法違反(制限住居離脱)の疑いで逮捕された。

組員は別の事件で逮捕されており、知人宅に住むことを条件に裁判所から保釈を認められていた。しかし、組員は裁判所の条件を破り、別の知人宅を転々としていたという。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_5334

2018年12月05日、近畿厚生局麻薬取締部が大阪市平野区にある二代目東組系幹部の自宅を家宅捜索したところ、拳銃4丁や覚せい剤1.8kgが発見された。自宅にいた幹部の妻が逮捕されたが、幹部は逃走していて、警察が行方を追っている。

2019年01月29日、逃走していた二代目東組系幹部が潜伏先で発見され、覚せい剤取締法違反などの疑いで逮捕された。02月19日、二代目東組系幹部が銃刀法違反の疑いで再逮捕された。03月27日、逮捕されていた二代目東組系幹部の妻が不起訴処分となった。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_4866

2018年01月10日、同じ組織の幹部を射殺していたとして国際指名手配されていた五代目山口組『弘道会』傘下『十代目伊勢紙谷一家』元組員が、潜伏先のタイのロッブリー県で逮捕された。元組員は約14年ものあいだ海外に逃亡していたが、地元住民が元組員の画像をフェイスブックにアップしたことから居場所が判明し、逮捕に繋がった。

2018年02月02日、逮捕されていた十代目伊勢紙谷一家元組員が日本に強制送還された。02月22日、十代目伊勢紙谷一家元組員は殺人と銃刀法違反の罪で起訴された。10月05日、十代目伊勢紙谷一家元組員の論告求刑公判で、検察は懲役18年を求刑した。

2018年10月18日、十代目伊勢紙谷一家元組員の判決公判で、裁判長は懲役13年の判決を下した。2019年02月13日、十代目伊勢紙谷一家元組員の二審の判決公判で、裁判長は一審の判決を支持した。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

↑このページのトップヘ