image (1)
出典 http://www.npo-gojinkai.net/2015/05/11/竹垣悟-暴力団のタブーに挑む/

2015年11月04日、AFP通信のサイト『AFPBB News』に竹垣悟のインタビューが載っていた。

竹垣は山口組系組長だったが2005年に引退、NPO法人『五仁會』を立ち上げて暴力団員の更生支援活動などを行っている。現在は更新停止中だがブログで様々な暴力団情報を発信しており、ヤクザウォッチャーの間ではお馴染みの人物だ。


スポンサーリンク







竹垣悟の主張

  • 元山口組系組長だった竹垣悟はNPO法人『五仁會』を立ち上げて元組員の支援を行っている。
  • 全体的に見ると暴力団社会におって得られるものは何もない。男気を出してヤクザをしていても後に残るのは虚しさだけ。
  • 暴力団として表立って活動できる世の中ではなくなった、今の時代は暴力団を求めていない。
  • ヤクザの象徴である仁義や兄弟分の契りというものは消えていった、義理人情よりもお金が優先されるようになった。
  • 山口組の分裂をきっかけに暴力団を離脱して堅気になる人が増えることを望んでいる。


 ⇒ この竹垣悟の詳しい経歴はコチラ 
元山口組系組長のNPO法人『五仁會』代表『竹垣悟』の経歴
http://yakuza893.blog.jp/takegakisatoru.html


 ⇒ 関連記事 
元山口組系組長で現在はNPO法人代表『竹垣悟』が産経新聞に登場
http://yakuza893.blog.jp/takegakisatoru2.html

 ⇒ 関連記事 
元山口組系組長で現在はNPO法人代表『竹垣悟』が夕刊フジに登場
http://yakuza893.blog.jp/takegakisatoru1.html





スポンサーリンク