Kobe

2016年06月03日、最高裁で懲役20年が確定している元六代目山口組『四代目山健組』若頭で『健國会』会長だった山本國春が、"天皇の執刀医"に書いてもらった病気の診断書で、刑の執行が停止されていたことが分かった。

山本國春は2007年05月に発生した多三郎一家総長刺殺事件の首謀者として、2015年06月に最高裁で懲役20年が確定していたが、1年たった今も収監されていないようだ。


スポンサーリンク


「天皇執刀医と山口組大幹部」浅からぬ付き合い!診断受け付け届け・・・神戸牛1頭セットや米30キロ
2016/6/ 3 16:08

(J-CAST) http://www.j-cast.com/tv/2016/06/03268711.html






このニュースのまとめ

  • 2016年06月03日、元六代目山口組『四代目山健組』若頭だった『健國会』元会長の山本國春(66)が、"天皇の執刀医"で有名な外科医で順天堂大学教授の天野篤(60)が書いた診断書で、刑の執行が停止されて刑務所へ収監されていないということが分かった。
  • 山本國春は2007年05月に発生した『四代目山健組』舎弟頭補佐で『五代目多三郎一家』総長だった後藤一男が神戸市内の路上で刺殺された事件の首謀者として逮捕され、2015年06月に最高裁で懲役20年が確定していた。
  • 2016年04月06日午前10時、東京都文京区にある順天堂大学医学部附属順天堂医院の裏口付近から山本國春が出入りし、天野篤の診察を受けていたとみられている。
  • 山本國春の診断書には「感染症のリスクが高いので他人が使ったタオルを触るのは危険、生水を口にしてはいけない、人混みも避けるべき、トイレで踏ん張っただけで死ぬリスクがある」などと書かれており、かなり重病人である。
  • 山本國春は天野篤にブランド米300kgや神戸牛一頭セットなど高価な贈り物をしていた。天野篤はそれらの贈答品を受け取り、医局員と分けたりしていた。



 ⇒ 関連記事 

【訃報】 四代目山健組若頭だった健國会『山本國春』元会長が逝去、多三郎事件で懲役20年



kobe
神戸山口組 完全データBOOK (メディアックスMOOK) [ムック]
 


スポンサーリンク